理学担当

4回生向けの教員就職セミナー

ネットで調べると、

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/06/17/1257706_077.pdf

にH19年度より課題別セミナーと総合セミナーを始めたことを評価している。火曜5限と木曜5限に設置してあり、教員採用試験を受ける学生はほぼ出席するので、週2回の午前中の支援員活動もそこで入れられているみたいで、まったく研究室の活動はやらなくなってしまう。10月に卒論の研究を始めるということに大学がシステムを組んだのはそのころから。 平成20年度(2008年度)には連合教職大学院が募集開始。

教員退職、着任履歴

年度、異動、分野、その年度の定員

1999年度:橋本哲教授退職 物理 21名

2000年度:村田隆紀教授退職(学長就任)物理 20名

2001年度:谷口和成助手着任 物理 20名

2002年度:沢田誠二教授退職 化学 20名

2003年度:石原浩二助手退職 化学 19名

2003年度:村田隆紀学長退職 物理 19名

2003年度:生島隆治教授退職 生物 19名

2003年度;武蔵野實教授退職(理事副学長就任)地学 19名

2004年度:前川絋一郎教授退職 地学 16名

2004年度:伊吹紀男教授退職 化学 16名

2008年度:広木正紀教授退職 理科教育 14名

2009年度:中野英之准教授着任 理科教育・天文 14名

2009年度;武蔵野實理事副学長退職 地学 14名

2010年度:細川友秀教授退職(理事副学長就任)生物 14名

2011年度:松良俊明教授退職 生物 13名

2012年度:今井健介准教授着任 生物 13名

2015年度:芝原寛泰教授退職 化学 13名

2016年度:細川友秀理事副学長、学長就任 生物 12名

2016年度:沖花彰教授退職 物理 12名

2016年度:坂東忠司教授退職 生物 12名

2017年度:鈴木祥子講師着任 化学 12名

2017年度:藤浪理恵子講師着任 生物 12名

これを見ると2000年度に420名の学生定員が300名に減員となった後、急速に教員の定員減が進んだことが分かる。

教育学研究科必要〇合教員数

http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19990914001/k19990914001.html

数式を直接TeXに書きたい

最近のtexLiveを入れるとTexImgというアプリを追加して画像ファイルを作ることができる。epsへの変換もTexLiveに付いてくるので楽。

以下のホームページに行って、数式を書き込むと画像ファイルができるので、ダウンロードしてパワボに利用する。

http://maru.bonyari.jp/texclip/


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-28 (金) 11:24:45 (233d)