自然科学コース卒業論文発表会

会場:教育実践総合センター2階 教授スキル室(建物の外北側奥の階段あがる)
日時:2004年2月6日(金) 午前9時 〜 午後5時05分
発表時間:各自、口演12分と質疑応答3分

<プログラム>

<生命科学専攻 午前の部>
(9:00) 竹森享男:老化促進モデルマウスにおけるT依存抗原に対する免疫記憶の形
成に関する研究
(9:15) 廣重幸世:老化個体におけるT依存抗原に対する抗体産生反応のノルアドレ
ナリンによる制御
(9:30) 安田秀弘:食品添加物が母体を介して仔マウスの免疫機能に及ぼす影響に関
する研究
(9:45) 和田真爾:運動時の増加ホルモン・神経伝達物質の in vivo 投与が免疫機能
に及ぼす急性効果

------ 休憩(10時00分から10時10分)------

(10:10) 石丸佳奈子:高圧力下におけるα−キモトリプシン触媒に及ぼす吸入麻酔薬
の添加効果
(10:25) 宇田安輝子:アルカリフォスファターゼの熱変性機構
(10:40) 金井裕次:アロステリックエフェクター添加時におけるイソクエン酸脱水素
酵素の反応機構
(10:55) 酒井英里:イソクエン酸脱水素酵素の触媒反応に及ぼす圧力効果
(11:10) 酒井 淳:超臨界炭酸ガスによる温州みかん由来成分の選択的抽出
(11:25) 重野大介:超臨界炭酸ガスを用いた有用成分の抽出
(11:40) 島田由美子:新規温室効果ガスSF5CF3の内殻励起光化学

------ 休憩(11時55分から13時00分)------

<物質科学専攻>
(13:00) 金崎義人:高校物理教育における『アドバンシング物理』の実践的研究
(13:15) 正木一輝:サーミスタ素子の作製とX線構造解析及び湿度影響下における安
定性
(13:30) 落田 綾:還元雰囲気中における高温超伝導試料の作製と構造解析

------ 休憩(13時45分から13時55分)------

<生命科学専攻 午後の部>
(13:55) 江上結香:高校化学における振動反応の教材化
(14:10) 加藤 圭:ゲル中の酸化銅の結晶成長及びリーゼガング現象について
(14:25) 山本有希子:振動反応を例にした化学反応の視覚化
(14:40) 武藤志津枝:4,5-Bis(diphenylphosphinoyl)-1,2,3-triazoleの溶液内反応
(14:55) 小林世以子:4,5-Bis(diphenylphosphinoyl)-1,2,3-triazoleの錯生成反応

------ 休憩(15時10分から15時20分)------

(15:20) 岡部有紀子:ヒト培養細胞におけるミトコンドリアDNAの複製
(15:35) 河原木佳子:チャイニーズハムスター培養細胞を用いた細胞質分裂阻害小核
試験法:放射線
(15:50) 炭本麻衣:ベンケイソウ品種の起源
(16:05) 高橋 綾:ヒトのアルデヒドデヒドロゲナーゼ2遺伝子の遺伝子型決定
(16:20) 柳原啓見:電離放射線感受性相補性群XRCC8の修復経路への関与
(16:35) 鶴野史子:ハラン(ユリ科)の生活史と葉序に関する研究
(16:50) 西谷健士:水際の土壌性昆虫の現存量及び分布について

理学科のトップページにもどる