研究室

INTPIXのペデスタルの揺らぎ

交流電源を通じてノイズが入ってくる。遮断するのはトライアンドエラー。

http://www.omron.co.jp/press/2012/03/p0301.html

Spartan3A starter kitのコード

mamehachi君の読んでいる所にsitcp_fifoとあるが、これはsitcp_test_fifoと読む。動作確認のためにユーザー側が定義したfifo。TCP_RX_DATA[7:0]をdinにつなぎ込んで、doutをTCP_TX_DATA[7:0]につなぎ込む。それによってエコーバックが可能になっている。fifoの復習はfifo verilogで検索して見つける。

root のバイナリーインストール

rootのslc5バイナリはgcc4.3でコンパイルされている。gcc-alt-435をcernから取ってくる。インストールしたら、/etc/ld.conf.so.dにlibのパスを入れておく。その後ldconfig.

そうしないとGLIBCXX_3.4.9がないといっておこられる。

3Dモデリングで無料なのはsketchup

tutorial videoがなかなか便利。

http://www.sketchup.com/intl/ja/index.html

blackbird1のRAID

RAIDOを3ware-9550でRAIDO10で1Terax4で構成していたが、Degradedの表示が1個のディスクに出てから、復旧操作をしたが結局回復しなかった。すべてのディスクを交換して、さらの状態からインストールをすることになった。SLC5.8のisoのダウンロードからやっている。運用開始から3年目のトラブル。最近は個別PCの/optで作業していたのでそれほどダメージは大きくないかもしれない。RAIDを過信していた。これから1週間ほどはLinuxでは作業できない。

g4pyのヒストグラム保存

water_phantomで

cp demo.py mydemo.py
vi mydemo.py
add followning lines
fsave = ROOT.TFile("dose.root","RECREATE")
hist_dose2d.Write()
hist_dosez.Write()
fsave.Close()

太陽黒点の撮影

バーダープラネタリウムのフィルターを装着して、レンズはMFにする。M(Manual)でAvボタンを押しながらダイヤルをまわしてF11にした。ダイヤルをまわして1/400にしたところ黒点が写っていることを確認できた。Playモードにして、右上の拡大ボタンを押す。

WIREDのサイエンスブログで7月12日に大規模フレアを観測とある。活動期に入ったという文章もあり、11年周期が乱れるという予想が成り立っていないことがわかった。なーんだ。デジタル1眼レフまで買って太陽黒点を撮影してたのに。

dellのドライバー

http://support2.jp.dell.com/jp/jp/download/search.asp?~ck=mn

Xilinx ISEの使い方

http://www.am.ics.keio.ac.jp/~fukuda/wiki/index.php

とくにCoreGeneratorで作ったファイルのところは注目

Delay Locked Loopで逓倍のクロックが出せるようだ。

http://www.nahitech.com/nahitafu/fpgavhdl/clkdll/clkdll.html

roofit roostatsの勉強

http://www.pp.rhul.ac.uk/~cowan/stat_freiburg.html

SP601の日本語ドキュメント

http://japan.xilinx.com/support/documentation/sp601.htm

torqueの変更

serverの/var/torque/server_priv/nodesを実際に動いている計算機に変更。計算サーバー側では/var/torque/mom_prig/configにパラメーターを設定した。利用法は以下の通り。

qsub -q dque -l nodes=1 -v "dir=xxx,dir2=yyy" testJobVal.sh  //ジョブの投入
qstat //ジョブのモニター
qdel nnn //ジョブ番号nnnのキャンセル

Pile up simulation

アトラスの慣例ではイベントの重なり(pile up)をμで表している。Simulationではminimum bias eventをdigitizationの段階で信号やバックグランドに重ねることになる。つまりminimum biasのhitを用意しておいて、重ねる数を指定して、信号のhitに重ねてDigi_trf.pyを使いRaw Data Objectを作成する。その辺はAtlas-Japanのチュートリアルにも示されている。

rootの勉強

http://www-jlc.kek.jp/subg/offl/lib/docs/rootstarter/node1.html

Hongo Wiki

http://www-utheal.phys.s.u-tokyo.ac.jp/~yuasa/wiki/index.php/Category:ROOT

Spartan601スターターキット

http://japan.xilinx.com/products/boards-and-kits/EK-S6-SP601-G.htm

これのProduct Detailのデモを見た。spartan6はDSPが入っていて高速に画像のエッジ検出ができる。また、コードをいじって、プッシュボタンで動作を変更することができるという内容だった。

http://www.xilinx.com/products/boards/sp601/reference_designs.htm

デモのBase System DesignのZipのversionは13.2だが、添付のISEは13.3みたいだ。うまくいくのか?


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-12 (土) 21:23:18 (1795d)