New2014

2013年講習会でAnalysisの説明あり

rootを使って結果を記録する方法の説明があった。

http://wiki.kek.jp/display/geant4/Geant4+Japanese+Tutorial+2013

これを使えばビームテストのシミュレーションのテストができる。

SL6にGeant4とg4pyを入れる

以下のような感じですかね。USBからdataをコピーしておきます。~はホームディレクトリ。

su -
yum install libX11-devel.x86_64
yum install libXpm-devel libXft-devel libXext-devel openssl-devel subversion pcre-devel mesa-libGL-devel glew-devel ftgl-devel cfitsio-devel
yum install graphviz-devel avahi-compat-libdns_sd-devel
yum install python-devel libxml2-devel libjpeg-devel libpng-devel libGLU-devel  memcached-devel python-memcached
yum install gsl-static
yum install gcc-c++.x86_64 gcc-gfortran.x86_64
exit
cd work
tar zxvf ~/Downloads/rootxxx.tar.gz
cd root
./configure --prefix=/opt/heplib/ROOT/5.34.24
make
su
make install
ln -s /opt/heplib/ROOT/5.34.24 /opt/heplib/ROOT/pro
exit
cd ../
tar zxvf ~/Downloads/geant4.10.00.p02.tar.gz
source ~/Downloads/rootsetup.sh  // better to setup root
mkdir geant4.10.00.p02-build
cd geant4.10.00.p02-build/
cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/opt/cern/geant4/geant4.10.00.p02-install -DGEANT4_USE_OPENGL_X11=ON ~/work/geant4.10.00.p02
make
su 
make install
cp ~xxx/Downloads/data /opt/cern/geant4/geant4.10.00.p02-install/share/Geant4-10.0.2/
exit
cd environments/g4py
./configure linux64 --with-g4install-dir=/opt/cern/geant4/geant4.10.00.p02-install --prefix=/opt/cern/geant4/geant4.10.00.p02-install/share/Geant4-10.0.2/environments/g4py
make
su
make install

NIS client account is nobody

yum install policycoreutils-gui

上とは関係なしに、サーバーの再起動で復帰した。

Ubuntsuのroot setup

fluenceとGray

シリコンのde/dxが1.664で密度が2.33。1/(1.664*1000/2.33*1.6e10-13) mip/cm2が1グレイ、10KGy程度がバルク転換なので、10kGyは上を計算して0.88*10^14 mip/cm2程度。いつもこれが困るもと。つまり1マイクロシーベルト/hの線量当量率は1秒間に1平方cmあたり2個程度の高エネルギー粒子通過に相当することがわかる。ほかの元素でもおんなじか?

Blackbird3のupdate問題

blackbird3がSLC6.4から6.5に上がるときに不要なkernelでコンフリクトを起こしてしまって、それ以後updateが効かなくなっていた。SLC6.4の2.6.xx-384.yyのkernelを全部消したところupdateするようになった。

FIFOのWRCLKに不定性

ISEのシミュレータを動かして、クロックに着目すると、どうもおかしなことがあるらしい。トップモジュールを動かすひな形を自動生成できることがわかった。去年の卒論でもそれはやっていたがABCNのtopもシミュレートできると思っていなかった。Digital Clock ManagerをArchitecture Wizardで作成する方法を勉強した。

テストビームデータのwiki

https://twiki.cern.ch/twiki/bin/viewauth/Atlas/TestBeams

TBMONのインストール

これは飛跡再構成でntupleを作った後に動かして、efficiency mapを作るツール。release-1.1をtbmon-1.1という名前で入れる。./tbmon1で使用法。driver.ccがmainなのでまず後の方を見てみる。引数関係の説明になっている。

svn co svn+ssh://svn.cern.ch/reps/atlasibltbsw/tbmon/tags/release-1.1 tbmon-1.1

tbmon2というのもある。これはgcc4.7+SLC6の環境でコンパイルできる。/outdir/の中のconfigにmainconfig.cfgとanalysisConfig.cfgをコピー、修正し、DUTもフォルダーごとコピーしておく。その後、

tbmon2 /outdir/

を実行し、更にもう一度走らせるとrootファイルが出来る。特にefficienciy-geometry-0が欲しいefficiency map。

Reconstractionの走らせかた

雛型を準備する。その中のsetup.shをインストールしたEUTelescopeに併せて変更しでsourceする。そのあと、config.cfgを編集する。outputディレクトリを作成し、~/output/の中にlcio,database,results,histograms,logsディレクトリを作成する。

source analysis.sh 72888

添付ファイル: filerootsetup.sh 216件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-14 (土) 21:14:30 (1004d)