FrontPage

verilog シミュレーター

icarusというフリーのシミュレータがあるのでとりあえず使ってみよう。Ubuntuがあるとすぐできます。

http://cellspe.matrix.jp/zerofpga/icarus.html

ubuntuを液晶プロジェクターに表示するのが大変。

xrandr //現況確認
xrandr --output VGA --same-as LVDS  //液晶とPC表示を同一化(クローン)

FT/IRを入札中

分子の振動で検索すると以下のページが見つかった。

http://www1.doshisha.ac.jp/~bukka/lecture/quantum/pdftext/pc3-10.pdf

CentOSが接続しなかったら

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfgほにゃららのONBOOT=noをyesにすれば良いみたい。

geant4関係でCentOS 7に学内PCのlinuxを移行する

geant4.10.4を使った方が楽な場合がるので、デスクトップを中心に移行してみる。installのあとproxyを/etc/profileと/etc/yum.confを設定してyumでupdateをまずやる。開発環境を入れ忘れたのでそのケアもしないと。cmakeは新しいのをとってきていれないと引っかかる。またCentOS 7.3は古いせいか、diskの選択で自前でやるを一旦選んでから、再度ふるい領域を消す必要がある。新しいdiskなら問題ないと思われる。

su -
yum groupinstall 'Development tools'
mkdir work
tar zxvf ~xxx/Downloads/cmake-3.10.2.tar.gz
cd cmake-3.10.2
./bootstrap
make 
make install
yum -y install libX11-devel.x86_64
yum -y install libXpm-devel libXft-devel libXext-devel openssl-devel subversion pcre-devel mesa-libGL-devel glew-devel ftgl-devel cfitsio-devel
yum -y install graphviz-devel avahi-compat-libdns_sd-devel
yum -y install python-devel libxml2-devel libjpeg-devel libpng-devel libGLU-devel
cd ../
tar zxvf ~xxx/Downloads/root-6.12.06.tar.gz
mkdir root-6.12.06-build
cd root-6.12.06-build
cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/opt/heplib/ROOT/root-6.12.06 ../root-6.12.06
make
make install
yum -y install libXmu-devel
cd ../
tar zxvf ~/Downloads/geant4.10.04.tar.gz
mkdir geant4.10.04-build
cd geant4.10.04-build
cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/opt/cern/geant4/geant4.10.04 -DGEANT4_USE_OPENGL_X11=ON ../geant4.10.04

rdecay02を読んでみる

HistogramManager.ccをみてみるとBook()で一次元ヒストグラムを7個とNtupleを4個作成して全て、使用しないように初期化する。マクロで

/analysis/h1/set 6 100 0. 2. MeV

と言うようにいれると id=6 のヒストグラムが使用状態になる。コードの中ではEventAction.cc内で使用、不使用に関わらず

analysisManager->FillH1(1, fEdep2, fWeight2);

が実行される。analysisManager内でどう処理されているかは不明。まあ大体のことはわかった。

貰ったiMacにgeant4をいれる

Xcodeは入れないで、LLVMだけ入った模様。cmakeはbrewで入れた。updeteでパッケージのリストが出てきたので保存。cmakeするとX11が無いというので、XQuartzをとってきてクリックしているうちに入った。cmakeの後、make。OpenGLはXcode-Toolなるものを入れた時に入ったみたい。rootはbinary distributionを入れたので/Applications/root-xxxにはいった。geant4でOpenGLが動かなかったのでXcodeを入れた。

mac でgeant4

OpenGLを昔入れていた?SieraでLLVM9.0だった。

cd ~/work
tar zxvf ~/Downloads/geant4.10.04.tar
mkdir geant4.10.04-build
cd  geant4.10.04-build
cmake -DGEANT4_USE_OPENGL_X11=ON ../geant4.10.04
source /usr/local/bin/geant4.sh

dataがないといわれるのでとってきて、言われたところで展開する。

cd /usr/local/share/Geant4-10.4.0/
sudo mkdir data
cd data
sudo tar zxvf ~/Downloads/G4ABLA.3.1.tar
...
source /usr/local/bin/geant4.sh
cd ~/work
cd g4work
cp ~/root_v5.27.04/rootsetup.sh ./
source rootsetup.sh
rsync -a /usr/local/share/Geant4-10.4.0/examples/extended/radioactivedecay/rdecay02 .
mkdir rdecay02-build
cd rdecay02-build
cmake ../rdecay02
./cdecay02
control/execute vis.mac

あとはbasic/B1/vis.macをみてworldを見えなくして、Detectorを透明化したりする。histoを作ってみたが、なんかおかしい。教育用に便利なのがg4pyなのでコンパイルしてみる。並列化などのライブラリとしてboostが必要。rootもあると便利らしい。g4py/READMEに従う。Xcodeがversion 6で古いと言うことなのでvesion 9を入れた。

brew install boost
brew install xerces-c
brew install boost-python
cd ~/work/geant4.10.4/environments/g4py
mkdir build
cd build
export GEANT4_INSTALL=/usr/local
cmake ..
make
make install

なぜかg4pyの中に入ってしまったみたい。linuxとくらべて移動してPYTHONPATHを適切に設定する。最後はg4py/libとする。

geant4でAnalysis

http://geant4.kek.jp/lecture/2016.11/materials/L10_Analysis.pdf

/examples/extended/analysisに例題があるらしい。

tex環境変数

C:\texlive\2016\bin\win32

VLAN,L2, L3スイッチについての解説

http://www.fwoabw.info/entry/2015/01/15/171701

blackbird1,3について

blackbird1はcernvmfsを入れている。やり方はkekの尾高さんのページにしたがった。

http://research.kek.jp/people/odaka/computers/atlsrv01-02/cvmfs_2.1_install.html

これはアトラスの業務をするためにはlxplusに入っているathenaというフレームワークについて知っていることが必要なため。サーバーとして一般性を失わないためコンパイラの導入については基本的なものとして、自分のスクリプトでコンパイラーの指定ができるようにする。blackbird1,3ともにNFSとNISを使って/homeやpasswordを共通化している。クライアントにするためにはypbindを動作させる。そうなっているとdomainnameコマンドでサーバーが確認できる。cernのlxplusは全ユーザーに開放された計算機ファームでアトラスの業務を行うためにはCERNのユーザー登録とともにアカウントを取得する必要がある。

コンパイラを入れてシステムのコンパチビリティがおかしくなったとするとgccを削除する必要があるが大量のファイルが入ってしまっているので以下の様にするらしい。

https://stackoverflow.com/questions/25303928/how-to-uninstall-gcc-installed-from-source

nodeの最新版

http://qiita.com/akakuro43/items/600e7e4695588ab2958d

でやった。なんかうまくいかない。

もうちょっと勉強すべきかもしれない。

http://magazine.rubyist.net/?0050-ECMAScript2015

C++11でautoという文法が利用可能

https://gcc.gnu.org/gcc-4.8/cxx0x_status.html

霧箱で高電圧の印可

http://sakaguchi-dennetsu.co.jp/lineup/heater/clearheater.html

http://www.geocities.jp/iwamit70933/CloudChamber/CloudChamber.htm

Geant4.10.03.01 install

root prerequisit is needed. Don't activate 'DATA_ON' switch.

Lifebook S761/Dをサーバーにする

XmingもopenGLが動かないと困る。

http://itcweb.cc.affrc.go.jp/affrit/documents/guide/x-window/x-win-xming

結局動かなかった。

CentOS7を入れてgeant4をコンパイルする。まずcmake-3.8.2を./bootstrap;makeで入れる。kuenetを使うのでyum.confにproxy.kyokyo-u.ac.jpを記述する。g4pyが動くかどうか不安。

http://geant4.web.cern.ch/geant4/UserDocumentation/UsersGuides/InstallationGuide/html/index.html

export PYTHONPATH=/opt/cern/geant4/10.03.p01-install/share/Geant4-10.3.1/environments/g4py/lib64
source /opt/cern/geant4/10.03.p01-install/geant4.sh

parrot の開発ページ

http://developer.parrot.com/docs/bebop/#ios

ベニクモ2011

http://blog.livedoor.jp/kabuworkman-becqmoni/

ノートパソコンの音響信号入力でスペクトルを計測するツール。昔のradiation watchだと電源がないので入力できるかどうか不明。ソフトは複雑で難しい感じ。


添付ファイル: fileg4install2.txt 169件 [詳細] fileg4install1.txt 152件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-28 (水) 15:51:06 (55d)