電磁気学・相対性理論

ROOTを使った物理解析

初期設定のAtlasStyle.Cのマクロの自動設定のやり方がいまいち不明。実行ディレクトリに持ってきて、関数定義の順番を変えるなどして設定してみた。面倒。plotのマクロではstream.hの.hを取る。初期設定を手動でするには

root
.x AtlasStyle.C
SetAtlasStyle();

とすると、一応可能。

WSLを立ち上げるとconsoleなので

コピペがWindowsのEdgeなどからできない。まずはxtermが必要。

sudo apt update
sudo upgrade
sudo apt install xterm
xterm &

この中だと、真ん中ボタンがpasteになるので、ブラウザーからコピペが可能になる。18.04ならNews2018にそのころの履歴があるがrootの近辺を見て、

sudo apt install git build-essential x11-apps x11-utils
ls /proc
cat /proc/cpuinfo
sudo apt install cmake
sudo apt install libx11-dev libxpm-dev libxft-dev libxext-dev
sudo apt install libssl-dev
sudo apt install -y  libglu1-mesa-dev 
sudo apt install -y libglew1.5-dev libftgl-dev
sudo apt install python-dev
sudo apt install libxml2-dev
pwd
mkdir work
cd work
which wget
wget https://root.cern/download/root_v6.18.00.source.tar.gz
sudo apt install libgsl0-dev
sudo apt install libqt4-dev
sudo apt install r-base python-numpy-dev
tar zxvf root_v6.18.00.source.tar.gz
mkdir rootBuild
cd rootBuild
cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/opt/heplib/ROOT/root-6.18.00 ../root-6.18.00
make
sudo make install
sudo ln -s /opt/heplib/ROOT/root-6.18.00 /opt/heplib/ROOT/pro
source /opt/heplib/ROOT/pro/bin/root.sh
root  //exit は .q

などとlinuxではしてみた。ー>WSLではエラーになる。結局バイナリを取ってきて展開する。

学内だとaptが動かないのはなぜか?

Windows Subsystem for Linuxで演習をやるとすると、使い勝手はいかに。aptに問題発生。vimは入ったみたいだったのに。

下のファイルもいまいちっぽい。port番号が入ってない。ネットで見て、/etc/apt/apt.confに以下を書いたらOKだった。

Acquire::http::Proxy "http://proxy.kyokyo-u.ac.jp:xxx"
Acquire::https::Proxy "https://proxy.kyokyo-u.ac.jp:xxx"

2行目二番目のhttpをhttpsに勝手に変えてみた。

今年度は最初は暗号理論をやりますか?

この人は、nと互いに素なaについてはwikiにあるのでスルーして、いわゆる中国の剰余定理を簡単に説明している。あと後ろのほうでpythonで計算してるので、ubuntuがあるとフォローできます。

https://qiita.com/YutaKase6/items/cd9e26d723809dc85928

ショットキーバリヤーについて

http://natsci.kyokyo-u.ac.jp/~takasima/myArchive/schot4.pdf


添付ファイル: fileproxy.sh 48件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-18 (木) 10:44:36 (24d)