FrontPage

空乏化電圧の計算モデル

ハンブルクモデルというのがあるらしい。トラペを見て作成した。

リーク電流の計算モデル

ハーパーモデルというのがあるらしい。Vは電圧でなく体積です。最初は電圧と思っていたので変なコードになっている。

Database Browser

アクセス制限つきのデーターベースブラウザー

https://pc-sct-www01.cern.ch/CalibMonitor/

SCT_Ntupleのページ

https://twiki.cern.ch/twiki/bin/viewauth/Atlas/SctNtuple

groupDiskからコピーしてヘッダーを取得

2011年アトラス取得データは5.2fb-1となった。2010年の100倍。gridでNTUPL_SCTを探しても見つからない。CERNテープアーカイブ内にはある。最新は8月4日のものだった。lxplus407のtmpにコピー(express)して10kevent解析した、裏面にhitがないのをその面にとってquietイベントとしてNoise Occupancyをかく面ごとにとってみた。比較のために2010年のファイル(min baias)ものせる。この時は層の依存性なしに5e-5/3だったが、2011年8月には内層10e-5/3から外層30e-5/3まで変化が見える。3でわらないとオンラインの値と合わない。前後のバンチ衝突を記録しているため。ただしこれは2010年のみ。2010年ではなぜかtime bin 4が多い。2011年ではX1Xになっている。ノイズを見てるつもりなのにtime bin 3,6が多い。2011年のヒット分布にMaskしているつもりなのにバレル3に6番目のチップが鳴っている構造がある。このときtime binは7。

リーク電流が増加するなど、表面損傷の影響が見えるようだ。そうだとすると主に絶縁層への電荷蓄積との効果と考えられる。2011年までのフルーエンスはEndcap Innerで1e12p/cm2程度らしい。PINダイオードの空乏化電圧でフルーエンスは評価される。これはバルクでアクセプター濃度が増えるため。PINダイオードのドナー濃度が薄いと影響を受けやすい。これはバルク損傷と呼ばれる。

TFile *file = TFile::Open("InDetTrackD3PD_v002.root")
TTree *ttree=(TTree*)file->Get("InDetTrackTree")
ttree->MakeClass("InDetTrackTree")

edit InDetTrackTree.h
#include <cstdlib> //追加 absでエラー
using namespace std; //追加する

作成したrootファイルは以下のもの。TBrowserで一次元ヒストはみれる。hRとなっているのは比メソッド。裏面がならない時のNoiseはhとなっているもの。マップを見たい時は

ln -s beamMaskdata11.root beamMaskOld.root
root -l
.x OccuMapEndcapA.C

添付ファイル: fileHamburg.cc 436件 [詳細] fileHarper.cc 440件 [詳細] fileOccuMapEndcapA.C 400件 [詳細] fileOccuEndcapA.C 194件 [詳細] filebeamMaskdata11.root 361件 [詳細] filebeamMaskdata10.root 347件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-18 (水) 08:59:06 (2156d)