NEWS2021

龍谷大学の物理基礎実験と物理実験を担当

電子の比電荷を物理学基礎実験で担当した。参考までに「電子と原子核の発見」のJ.J. トムソンの実験結果についての記述では、「トムソンが得た質量/電荷の比は1.1e-11から1.5e-11kg/Cの間であった。」とあります。はじめての研究なので現在の0.56857e-11kg/Cとかなり違っていると書いてあります。

LTSpiceのFETアンプの実験用ファイル

準備として、アナログデバイスのページからLTSpiceをインストール。netで2SK30AのSpice用設定を見つけて、lib cmpのいくつかあるstandardのうちjfetと書いてあるファイルをダブルクリックして、後ろのあたりにコピペする。

まずは普通の応答状態確認。(トランジェント解析)増幅率があまり上がらない。30dBより大きいのに。

周波数応答。(AC解析)増幅率の値がおかしい。->AC解析では入力の振幅は1Vがお約束。30dBの増幅度だから0.01にしてなどとすると、入力が-40dBぐらいになる。つまりオフセットを作ってしまって悩むことに。

jfetで 高い増幅率を設定するにはどうしたらいいのか。->30dBぐらいのはPN4117でよかった。たまたま最初に選んだのがそれ。いっぱいあってわかりません。

https://ji1nzl-official.blogspot.com/2017/02/n-mos-fet-jfet-ltspice.html

こちらのファイルだと悩まずに済みます。1000kを10000kHzにすると高周波の増幅度ドロップも表示されます。

LTSpiceで非安定マルチバイブレーターの実験用ファイル

慣れてきたら、エディターでいろんな回路を作ってみましょう。めんどくさいのがコンデンサーの回転。

このファイルは元のファイルがあったので、えらく窮屈に素子が配置されてます。LEDは日亜化学のが最初からあった。日本メーカーはほとんどないのに不思議。


添付ファイル: fileFETAmpTest.asc [詳細] fileFETAmpRyukoku.asc 10件 [詳細] fileastableRyukoku3.asc 7件 [詳細] fileFETAmpRyukoku2.asc 6件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-28 (火) 00:17:18 (5h)